参加者情報へ
校舎内
校舎内の教室・特別教室・廊下(通常使用)・階段などに設定してお使いください。

部屋名 
背景色   テキスト色

名前
備考   ID  ">"にリンク
発言色(#無し) ColorList
リロード時間(0で手動)   表示行数   Whisper OK  ベル
入室パスワード
●この部屋には固定パスワードが設定されています。
ベル リロード
参加者(0): ROM(1) 

ご案内:「昇降口」から環章乃@指令中さんがお帰りになりました。 (04/29-03:07:25)
ご案内:「昇降口」から雲林院照@指令中さんがお帰りになりました。 (04/29-03:06:42)
雲林院照@指令中 > あー、たしかにそれはあるかも?(からかうような笑顔を浮かべて)それならいいんやけど…ほんまかなぁ?(章乃さんの声に訝しげな視線を送り)ううん、私だって指令に協力してもらったんだから。私はね、フェンシング部。同じ武道館だから寮以外でも会うことありそうだね。これからもよろしくね(ごきげんよう、ばいばーいと元気に手を振りながら武道館のほうへと歩いていった) (04/29-03:06:36)
環章乃@指令中 > それを言うなら私だって田舎の子っていう第一印象じゃないですか。(また吹き出しそうになりながらも、今回はどうにか耐えた。)ほんとに思ってますよ。考えてみたら私自身が誰かのタイを結んだことないですし、いざ結ぶとなったら頭の中でシミュレートしてからじゃないと無理だと思います。普通にちょうちょ結びなら兎も角、かちっとした就活生みたいなネクタイ結びだったらとても…。(言いながら少し肩と声とを震わせてしまったが。部活との言葉に姿勢を改める。)お引止めしてしまってすみません。有難う御座いました。照さまは何部に所属ですか?私は合気道同好会に所属しているのでクラブハウスとかでもお会いすることがあるかも知れませんね。(自分は今日は部活は休みの日。なので憂鬱そうな声に対して憐憫めいた声で返し。背中が見えなくなるまでお見送りする所存。) (04/29-02:55:11)
雲林院照@指令中 > しかも第一印象やし。タイ結びが下手な照先輩になったらイヤやん(その不名誉は回避したと思ったが、章乃さんの爆笑に、えぇっと驚き)ほ、ほんとに?ほんとにそう思ってる!?ヘンじゃないよね?(自分の目には大丈夫に映る章乃さんのタイと、笑っている章乃さんを交互に見て。お礼を言ってもらえると、大丈夫そう?とほっとして)えー、もうなんかドキドキしちゃうなぁ。でもうまくいって良かった。こちらこそ、ありがとうね。さーって、そろそろ部室いかなくちゃかなー…(片づけがまっていると憂鬱そうに) (04/29-02:43:59)
環章乃@指令中 > それは…ハイ、何となくわかりますけれども…。(想像のはるか斜め上を通り抜けてまた戻って来たような。そんな感想を抱かせるタイの結び方と仕上がりとに、まだ直立の侭に幾度かタイと目の前の上級生の顔とを視線が往復する。最終的にサムズアップでもしそうな勢いで告げられた言葉と、その言葉どおりに仕上がったタイとが決定打となり、それまで真っ直ぐ立ち尽くしていた身体をくの字に折ってお腹を押さえた。)ぷ…は…っ!あははは、ほんとですね、これ、完璧だと思います。グッジョブです!(綺麗に結び直されたタイと、幾分恥ずかし気な上級生の笑顔と。どちらもくすぐったくて笑ってしまったけれど、一度笑ったら思い掛けないタイの結び方に直面しての緊張も解けた。そろりとタイに触れ、笑い過ぎて幾分涙目となった顔で今度は微笑を浮かべ。)有難う御座います。…私も誰かにタイを結んでもらうのは初めてですから、同じですね。 (04/29-02:28:47)
雲林院照@指令中 > 気を使ってくれてありがとう。でも、やっぱり上級生として綺麗に結んであげたいやん…!(なんとなく使命感に燃えている様子)うっ…はい、はじめてです。ほら、前からすると曲がっちゃいそうで、まずは普段自分が結んでるみたいにしてから、でも最後までするとやっぱり見えづらくて失敗しそうだからちゃんと見て整えたくて(章乃さんの前で中腰になって、章乃さんのタイに笑窪や広がりを作りながら、たははと恥ずかしそうに笑い)はい、完成!きっと大丈夫、たぶん完璧!グッジョブ、私!(半分自分に言い聞かせてる) (04/29-02:18:47)
環章乃@指令中 > 故郷の山に向かいて…とか、故郷は遠くにありて…とか、何のことやらと思ってましたけどね。(目の前の上級生の言葉に一度顔を見詰めてから直ぐにまた口角を上げて。)私が自分で結んでもそんなにまっすぐでもないし綺麗な結び目でもないので、どんな形でも…。……あの…?(入学案内に書かれていたとおりのきっちりとした着こなしの制服のタイが解かれる様を見ていた表情は、相手が背後に回ると途端に幾分の戸惑いが溢れる。どうしていいのかわからないことがありありと窺える直立不動で、背後からタイを結ぶ手の動きを視線が追い。相手がまた前に戻ると相変わらずの直立不動の侭で表情だけをほっとした風に溶かし。)照さまはもしかして、誰かのタイを直すのは初めてですか…?(声も些か直立不動気味の響き。) (04/29-01:58:34)
雲林院照@指令中 > うん、週末もたまに帰ったりするし。そっか、ふふっ、えらいね(章乃さんの笑顔を見てうんと頷き)田植えかぁ、それこそ田舎行くときに新幹線の窓からとかは見るけど、近くではあんまり見たことないなぁ(へぇと頷いたが、章乃さんの表情にぷはっと笑い)お願いしづらい?あー…なるほど、そうきたかぁ。うん、それは全然大丈夫だけど、私が結びなおした後でどなたかに曲がってるって直されたらカッコ悪いからちょっと待ってね…(どう結ぶのがいいだろうかと揺れるタイを見つめて)よし、まずはいったん解いてから…ちょっとごめんね?(章乃さんのタイを解かせてもらうと、今度は章乃さんの背後に回って、後ろから抱きしめるような形で手を伸ばしてまずは軽くタイを結んで、そこからまた前に回って整形しながら結ぶという手順をかなり真剣に取り組んで) (04/29-01:45:48)
環章乃@指令中 > そうなんですね。じゃあ連休中に帰省しやすかったりしますね。(うんうんと頷いて。)ホームシックは…どうでしょう。山が恋しいことはありますが、家族にあれこれ言われないのは気楽です。(僅かに視線を伏せてからすぐに顔を上げ、また軽やかに笑って。)二人部屋はそれはそれで羨ましくはありますよ。自分のスペースが広くなりそうですし。あはは、田舎の話でよければいつでもお話致します。今頃はきっと田植えの季節で水田が綺麗でしょうし。(真似したように指を二本立て、それを自分の頬に押し当てる。にい、と笑って見せてから本題へと。)これ、お願いし難い気がするんですけど、他の人どうしてるんだろう。(ぶつぶつ口の中で言ってから。)えーと。タイを結び直して頂いても、いいですか?(二本立てた指が胸元のタイまで下りて、カニのはさみの要領で挟んで揺らして見せた。) (04/29-01:24:21)
雲林院照@指令中 > おお、それでも気軽には帰れない感じやねぇ。ホームシックとか大丈夫?(いまさら心配することではないような気もする)あっ、あー…私実家自体はこっちのほうなんだよね。両親が関西出身でさ、方言うつっちゃって。田舎はちゃんと関西なんやけど(勘違いさせてしまったかも、とちょっとばつが悪そうに苦笑して)それはさすがに怒られそうやなぁ…。裏の森で走ってたらウワサになりそうやし。そっか、章乃さんは逆に四人部屋のほうが気楽なんかもねぇ。あ、でも2年生になったら2人部屋やで(ブイサインではなく、2年生か2人部屋かどちらの意味かは曖昧だが2を示すように)あ、はい。教えてくれてありがとう、章乃さんの実家の話もっと聞きたなったわー。では、どうぞ (04/29-01:14:41)
環章乃@指令中 > はい、中等部からです。ここも随分緑が豊かなので私が思う都会のイメージとは違いましたけども。実家も距離だけならそこまでじゃないですよ。新幹線でも自動車移動でも二時間程度って感じです。冬場は雪とか結構降りますけど。照さまも、お言葉から察するに地方のお方ですよね?(地方出身同士の気安さからか口角を上げた侭に。大人しそうという感想には思わず首を傾げたりもして。)ここでは流石に走り回ったりしては…怒られそうで。(思わず辺りを見回して首と肩とを竦めて見せる。)最近は減ったのかも知れませんが、田舎で農業をしている家はどこも大家族なイメージですねぇ。家は特に三世代同居なので。だから寮の四人部屋も案外違和感なかったですし。(思わず照さまのお宅は?と問う返しそうになって口を押える。慌てて当初の問題に立ち返り。)ええと、ではこちらの指令をお願いしても宜しいでしょうか? (04/29-01:00:27)
雲林院照@指令中 > へぇ、そうなんやぁ。じゃあ、中等部からこっち出てきた感じなんかな?結構遠くから出てきたん?(会話だけ聞いていると完全のこちらの方が地方から出てきた感丸出し)ひいおじいちゃんも?なんやすごい大家族やねぇ。あはは、そうなんや。まだちょっとしか話してへんけど、あんまりそんな感じしぃひんなぁ。大人しそうに見えてまう(Tシャツに短パンで走り回る小さい章乃さんを勝手に想像してほっこり) (04/29-00:47:10)
環章乃@指令中 > なるほど、おしとやかにですね。確かにそれならいけそうです。(真顔で頷いた。)当たりです。というか、田舎の育ちなので体育会系というより年功序列とかそういうのが染み付いているとか、そっちの方が近いかも知れません。……おや、ま。(田舎の話を出した途端のタイムリーさに思わず目を丸くする。瞬きを繰り返す数秒を経て、またもあははと笑う羽目になり。)子どもの頃ですか。そうですね、私はじぃ…祖父とか曽祖父とかと過ごす時間の長い子供だったので、全体的にシルバーライフな子どもだったと思いますよ。あとは、何せ田舎でしたから山だ川だと走り回っていましたね。祖父たちには散々に叱られたりもしていましたけど、離れてみると懐かしいような気もします。 (04/29-00:36:36)
雲林院照@指令中 > 大の字とか足を広げたりしなければいいんじゃないかなぁ。おしとやかに寝っ転がろうね(おしとやかって付けてれば大丈夫とか思っていそうな使い方)そりゃぁもうばっちりですよ。そうそう、せいかーい、私も白樺寮の人だったんだー。お、先輩を立てるね、体育会系かな?(それじゃあ、遠慮なくと頷いて)私のはねぇ…子どものころのちっちゃい章乃さんはどんな子だったか赤裸々に語ってください、だよ(若干の誇張が入っているような気もする) (04/29-00:24:01)
環章乃@指令中 > お嬢様方ばかりなので、迂闊に寝っ転がってもいいものなのかと疑問に思いながら高等部まで来てしまいましたが、大丈夫なのですね。(上級生が言うのだからお墨付きを貰ったようなものと、あははと声を上げて軽やかに笑い。交換条件との言葉には、まだ頬に笑みを残した侭軽く首を傾げることで内容を問い返す。視線の先から向けられたその内容を耳にすると、また笑い声を上げてしまうこととなった。)はい、私でお役に立てることでしたらば。若しかして照さまの指令の相手も同じ寮の人、とかでしたか?だったら幸運でした。それでは、照さまの指令から参りましょうか。こういうものは上級生が先です。(真面目な顔に戻り、どうぞ、と上側にした掌を其方に向けた。) (04/29-00:15:07)
雲林院照@指令中 > ええねー、ピクニック。寝っ転がると気持ちいいんよ(うんうん、と同じく気にしない勢として同意して)いやいや、別にどうもせんでええと思うよ。それくらいでは怒らへん心の広いお嬢様方ばっかりやから(さっきの質問になかなかの覚悟が籠められていたことを知るとからりと笑いながら)ふんふん、そういうことかぁ。そうやなぁ…お付き合いしてもいいけど、交換条件あるで?私の指令にも付き合ってな、章乃さん(無駄にもったいぶってから、ちらりとこちらの腕章も見せてにやり) (04/29-00:06:46)
環章乃@指令中 > 確かに芝生は緑が鮮やかさを増して来ましたね。紫外線を気にしない面子とならピクニックも楽しそうです。(自分は陽射しを気にしていないと言下に告げているような可笑し気な口調にて返し、指差された辺りを確認しつつ頷く。問い掛けた内容が当たりと知ると、瞳を明るくして口角を上げた。)よかった!間違っていたらどうしようかと思いました。あっ…失礼致しました、一年楓組の環章乃です。早速で申し訳ないのですが、実は今このような事情で、(言いながら腕の腕章を其方へと見せ、また姿勢を戻して。)同じ寮の方を探していたところなんです。我儘にお付き合い頂いても宜しいでしょうか? (04/29-00:02:20)
ご案内:「昇降口」に雲林院照@指令中さんがいらっしゃいました。 (04/28-23:52:23)
雲林院照@指令中 > ほうほう、なるほどねー。今はなぁ、芝生が柔らかくて気持ちいいんよ(相手が持っていた地図を勝手に覗き込んで、校舎っぽいものを挟んだ向こう側を指さして)お、はい、ごきげんよー(相手の一礼に、礼儀正しい子やなぁと感心しながらこっちは芝生にも負けない柔らかさで手をひらひら)うん、もしかしなくてもそうやで。2年生の雲林院照です、よろしくね。君は寮で見かけたことある…かも? (04/28-23:51:47)
環章乃@指令中 > 同じ寮の人って言っても、クラスメイトでさえ誰がどの寮かとかまだ一致してない人結構いるしなぁ。(地図を眺めながら首を傾げる。あれこれ思い巡らせていることを眉間辺りに漂わせながらに一度目を伏せたところで掛けられた声に、弾かれたように身体ごと其方へと向き直った。)いいえ、強いて言えば行先を何処にするべきか悩んでいたとでも申しますか。……ごきげんよう。(反射的に答え、思い出したように挨拶が続いた。30度の一礼付きの挨拶から顔を上げ、声の主をまじまじと見つめる。)ところで、若しかして白樺寮生でいらっしゃいますか? (04/28-23:43:54)
雲林院照@指令中 > (放課後、大型連休前に最後の部活だが半分くらいは荷物整理に充てられる日。あんまり気乗りはしない様子で武道館に近い昇降口へ)――うん?(昇降口の前、何やら紙を眺める後ろ姿を見つけて)……迷子かな?(ポツリと失礼なことを呟き、よしと意を決して)もしもしお嬢さん、今ヒマ?――じゃなかった、どこか行きたいところでもあるん?(ちょっとナンパちっくに声をかけた) (04/28-23:38:25)
ご案内:「昇降口」に雲林院照@指令中さんがいらっしゃいました。 (04/28-23:31:21)
環章乃@指令中 > ちょっと出遅れちゃったかな?でも、ま、いっか。まだ見てない所も結構あるし、見学?観光?散策?がてらにのんびりでも。(トントンと爪先を鳴らして靴を履き終えると、きょろきょろと辺りに目を向ける。その侭に昇降口を出たところで一度立ち止まり、ポケットから折りたたまれた紙片を取り出した。描かれているのは簡易地図。)温室は新旧と二つあるんだ。そっち側はあまり行ってないし見に行くのはいいかも。…けど、人居なさそう。うーん…。 (04/28-23:17:45)
環章乃@指令中 > (放課となってから暫く経った時間帯。部活動のない生徒たちは既に寮への帰路を辿っている者も少なくない。部活動に勤しむ生徒たちはそれぞれの活動場所へと向かったのであろう。校舎内はどことなく気が抜けた風に静かで、凪めいた時間が昇降口にも横たわっている。急ぐでもない足取りでやって来ると、鞄を片手に持ったまま上靴を革靴へと履き替えて。) (04/28-23:08:44)
ご案内:「昇降口」に環章乃@指令中さんがいらっしゃいました。 (04/28-23:04:29)
::::  PbsChat v2.5.1  ::::