参加者情報へ
ティールーム
寮内の生徒がセルフでお茶や簡単な料理を作ったり食べたり出来る場所。火気厳禁。先入りの際は「○寮ティールーム」の設定で。

部屋名 
背景色   テキスト色

名前
備考   ID  ">"にリンク
発言色(#無し) ColorList
リロード時間(0で手動)   表示行数   Whisper OK  ベル
入室パスワード
●この部屋には固定パスワードが設定されています。
ベル リロード
参加者(0): ROM(1) 

ご案内:「紅梅寮ティールーム」から雲林院照さんがお帰りになりました。 (05/05-01:59:37)
ご案内:「紅梅寮ティールーム」から六条加奈子さんがお帰りになりました。 (05/05-01:59:19)
雲林院照 > いやぁ、あれは関西弁補正やと思うんやけど…。まぁ、でもそっちのほうの心配ならもう無用だね(仲良しになれるかという話を聞けば、ウインクなどしてみせて)あー、そうなんだ。なにが引っかかるかわかんないものやね、そんな意識して話してなかったや。えー、なにそれ。ずっとちゃんと助けに行くよ、任せなさーい(加奈子のつぶやきにおかしそうに笑ってから、ぐっと力こぶを作るポーズを取って)おおー、すごい至れり尽くせりやん。生ハムトマトいいなぁ、塩気も欲しくなるもんね。そして次は甘いもの…これは今日は二人とも晩御飯抜きやね?ハーブティーもしっかり摂らないとね、なんなら後日の運動もオプションで付けますよ?(魔の永久機関を開発した親友に恐ろしい子、なんて言いながら自分もお茶のおかわりを準備して――) (05/05-01:58:05)
六条加奈子 > えええ、そっちなの? もー、あんな風に仲良しになれるか心配だったって話よ。照がナイスお笑い芸人顔負けコメディエンヌ候補だなんて話してないわよ?(わざとらしい返しに対し最初こそ大真面目に返したものの、途中からはしれっとした口調となり) バレンタインの翌日だから…ってあの話、結構インパクトが強かったのよね。…ふふ、ありがとう。私の騎士さまね。…いつまでこんな風に言えるのかなぁ(独り言めいた感慨。直ぐに笑みに紛らせ、オーブントースターの余熱を開始させる) 甘いのだけじゃないのよ。冷蔵庫に生ハムとかスライストマトとかツナマヨとかもあるの。クリームこてこてのパンケーキと、ブランチ風甘しょっぱパンケーキと、交互の永久運動に突入しまーすっ(高らかに宣言し、有言実行とばかりに冷蔵庫へと向かって。午後のパンケーキタイムはまだ当分終わりそうもなく―――) (05/05-01:33:33)
雲林院照 > 流れるようなボケとツッコミやったからね、ヘタなお笑い芸人顔負け。えー、誰のこと誰のこと?(思わず見つめられると、ワザとらしく聞いてみたりして)どうやろ、同好会くらいはありそうな気もするけど(弓道部のほうが目立っているのでどうだったかな、なんて考えて)なるほど、チョコレート。おおぅ、虫かぁ…平気かどうかは見てからになりそうだけど、でも、加奈子が困って怖いときは呼んでほしいな?(ピンポイントな場面を思いつくのが凄いなと逆に感心しながら)すごいね、本当に開店できそう。でも、幸せの香り(甘くて香ばしいパンケーキの香りはなぜこうも幸せになれるのだろうか) (05/05-01:22:45)
六条加奈子 > そういえば去年の今頃、三年生になる頃には去年の四葉さま方のようにお互いの事をすごく理解して親しく交流するような関係になれるのかしらって考えたことがあったわ。―――そうなっていくものなのねぇ(思わずしみじみとした口調となって、対面に座る友人の顔を見詰める) ……? あ。ああ、ウイリアムさんの方ね。ふふ、弓も悪くないけど、深葉ってアーチェリー部はあったかしら?(運動関係は不得手故に詳しくなく、首を傾げて。ギフトバッグの中の品を友人が手にする姿に、つい顔中を笑顔にしてしまう) よかった。かっこいい…かはわからないけど、バレンタインの代わり? みたいな? ……うん、ありがとう。深葉にいて助けが必要なときってなかなか想像できないけど…太刀打ちできそうにない虫が出た時とか…? 呼んでも平気?(あまり歓迎されそうにない例を出してから、自分でも可笑しくなって声を出して笑って) とりあえず今は、パンケーキ退治よね。張り切ってこんなに焼いちゃったんだから(言いながら、パンかごに一杯のパンケーキを其方へと見せ) (05/05-01:03:59)
雲林院照 > 去年は2年生3年生のお姉さま方は個性豊かなんて気後れもあったけど、負けてなかったんやね、私たち(季節一巡りを模した円に同級生たちの顔写真をペタペタ貼っていくのを想像して楽し気に)なんか、弓のほうが得意そうな名前の王女さまだなぁ(まさしく自分の名前なのだが、なんだか客観的な感想を抱いて)やー、そんな照れますなぁ(騎士と言われるとまんざらでもなさそうに、えへへと笑いながらプレゼントを開けて)おー、かっこいいやん。レザー好きよ、それにこっちのカフスもかっこいい。こうつける感じかな?(今回は自分の指をカフスに見立てて、髪の毛をポニーテールのようには上げない感じで束ねながら)改めて、ありがとう。大事に使わせてもらいます。騎士の助けが必要になったら呼んでね、すぐ駆けつけるから(手に持ったカフスを揺らしながら笑って) (05/05-00:50:14)
六条加奈子 > ほんとね。二年生は皆それぞれ違う季節のイメージかも(すごい発見をしたとでもいう風に目を丸くし、瞬きを数度繰り返して。パンケーキの味の同意を得ると、でしょー、とまた軽く胸を張る) パンケーキはハワイの休日のおやつだもの。…はっ……。休日、ローマだとアン王女だけど、ハワイだからテル王女だったのね!(最初に交わしたお姫様云々に思いがけずつながったことに対し、妙に納得した顔で頷いて) うんうん、開けてみて。気に入ってもらえるといいけど…。照は深葉の騎士だから、騎士になるときに使えるもの…って思ったけど、ちょっと方向性違ったかも(バレンタインの逸話が印象深くてつい選んでしまった品はどんな顔をされるかと窺いながらにパンケーキを口に運び。クリーム山への贖罪めいて、さわやかな香のお茶を追い掛けるように飲む) (05/05-00:32:50)
雲林院照 > イメージでこの辺って配置していくと面白いかもしれへんね、2年生はあんま被らんと季節一周しそう(よく考えると個性が被ってなくて面白いなぁと感心しつつ)――そやね、おいしくて、たのしくて、ほっとする感じ(それならわかると、ふふっと笑い)えー、もうパンケーキ作ってもらったのに、ええの?いやいや、ありがとうはどこからどう見ても私のセリフやん。私お茶とハワイの雰囲気作りだけやで?(雰囲気作りとアロハシャツを示しながらツッコミ)加奈子、ありがとう。そやねぇ、蝋燭は来年の楽しみにとっとこうかな(改めてお礼を言いながらギフトバッグを受け取ると)えーと、開けてもええんかな…? (05/05-00:21:11)
六条加奈子 > うんうん、海さんは夏って感じする! ふふ、なるほどね。ランキングでいろんな意見があるなぁって感心してたけど、確かに知っていくほどイメージもはっきりしてくるわね。…ゴールデンというか、休日で、のんびりできて、楽しくて、嬉しい味?(おいしい、という友人の言葉に嬉しそうに笑んでからナイフとフォークを一度置いて。椅子の一つに置いておいたトートを探ると、赤いリボンの掛かった手のひらに乗る程度の包みを取り出す) 数か月遅れだけど、お誕生日おめでとう。それから…ありがとう(言い添えたお礼は、親友、と言ってもらえたことに対して。今更少し照れたはにかみ顔を俯かせつつにテーブルの上を滑らせた白とピンクの不織布のギフトバッグの中には、板チョコを模した革細工のバレッタとアメシストカラーの幅広リング型ヘアカフスのセット) パンケーキに蝋燭たてようかと思ったけど、見栄え的にやめておいたわ(言い添えて悪戯に笑い) (05/05-00:03:39)
雲林院照 > あぁ、だから居心地良いのかもしれんね。蘭さんもなんや?そやなぁ、秋から冬のイメージかなぁ。THE夏って感じなら一番は海さんかな?(同級生たちの顔を思い出して一番夏が似合いそうな人を選定。呆れたような空気を察すると)まぁ、他の人に乞うご期待ってことで(ハーブティーを一口飲んでから、ナイフとフォークを手に取ると)了解。いただきまーす!あはっ、なに?ゴールデンウィークの味って、ゴールデンな味なん?(加奈子の食レポにおかしそうに肩を揺らす。切り分けたパンケーキの上にクリームを乗せて、メープルシロップを少し垂らしてから口に運び)――あーー、これはおいしい…(感慨深さが結構重め) (05/04-23:54:09)
六条加奈子 > じゃあ私と照を足して二で割ったら丁度今くらいの季節で過ごしやすくていいかも知れないわね。そういえば蘭も7月生まれなんだけど、夏よりも春や秋が似合いそうかも(顎に人差し指を添え、首を傾げて思案顔。自慢の対象をすり替えられてしまうと瞬きを一つ返してから小さな吐息交じりの笑みを返して) はーい、アロハー(同じように返し、カップを軽く触れ合わせる。一口飲んでからカップをソーサーへと戻し、紙ナプキンの上に並べられていたナイフとフォークを取り上げる) 果物は好きなものを追加で乗せてね。私、メープルシロップたっぷりが好き(スイーツを前に声を弾ませ。宣言通り、シロップたっぷりのパンケーキを切り分けて口に運ぶ。甘さに目を細め、片手で頬を押さえて) んー、甘いーっ。ゴールデンウィークって感じの味っ! あ、ハワイの味でもある、と、思うっ (05/04-23:39:27)
雲林院照 > んー、二月っぽいっていうか、春でもいけそうな感じ?でも、夏っぽくはないかな(正直にずばり言ってのけて)そういう細かなひと工夫できるのがさすがやねー。私なんか箱に書いてある通り作っちゃう。ああ、いい。この白と茶色の感じがめっちゃおいしそう(チーズと言われると反射的に、クリームの山の向こうでピースして写真に納まり)どんどん豪華になっていくなぁ、次のテーマは何になるんやろ。加奈子は私の自慢の親友だよ。他の自慢?ん−?なずなさんとかちゆきさんとか?(無駄にいい声を作って告げてから、とぼけたように首を傾げて)それじゃあ、今日はここを1日ハワイとする!かんぱーい、アロハ―(他人様の寮を勝手にハワイにしてカップを持ち上げて差し出した) (05/04-23:28:24)
六条加奈子 > 私、二月っぽい?(人から見た自分像がよくわかっていない為に興味深く聞き返し) 味も多分大丈夫じゃないかしら。だって市販のパンケーキミックスを使ってるし。お砂糖とかエッセンスとか入れたり、卵ちょっと泡立ててみたりとかはしてるけど、味にはそこまで影響ないと思うし(粉砂糖をかけてパンケーキは完成。チーズという声に反射的ににっこり笑顔を作ってから、友人の対面の位置へと座り) 自慢…なら私もしなきゃだわ。お返しっ(此方からも、はいチーズ、と言いながらに写真を一枚。テーブルを挟んでのアングルは、果物やカップなどで賑やかな卓上まで写り込んでいる) 音楽かぁ…次は音楽も用意するわね。…というか、私の自慢じゃなくて、もっと他の自慢を私に対してしてほしいわ(つまり姉妹について。自分ばかりが姉の名の前でいまだに緊張してしまうのが悔しいような恥ずかしいような、そんな気持ちの仕返しも込めて。どうなのかと問うように首を傾げつつ、カップを取り上げ、乾杯を強請るように軽く掲げ見せ) (05/04-23:10:37)
雲林院照 > ああ、たしかにー。ていうか、加奈子と私の誕生日逆っぽいよね(夏生まれの友人と自分を比べてアハハと笑い)えー、それ味はダメってこと〜?大丈夫〜?(まったく疑っていない様子で、疑いの軽口を叩きながら、はいチーズと友人とパンケーキの写真を撮って)なんやろ、なんていうか自慢したいだけかな?こんなかわいいカッコした加奈子が、こんなおいしいパンケーキ作ってくれましたよって(ハーブティーを淹れたカップを友人の前に置きながら、嬉しそうに口角を上げて)ハワイアンな音楽でも掛けたらカンペキやね (05/04-22:58:22)
六条加奈子 > ああ、確かに。ハイビスカスかプルメリアのイメージよね。照は二月生まれだけど夏の方が似合いそうな気がするから、きっとどちらでも似合うと思うの(ふむ、なんて想像してから楽し気に目を細める。パンケーキを褒められると自分を褒められた時とは打って変わって両手を腰にあて、軽く胸を反らして) すっごい画像検索したもの、見栄えだけは上出来でしょー? まだ仕上げには粉砂糖を振るし、あと、これもかけたら赤くてかわいいはず(アメリカンチェリーのコンポートが入ったココットをプレートに並べる。自分の分は心持ちクリーム山の標高が低めだが、それは彼女と自分の体形の差と乙女心というもの) えええ、そこでお姉さまが出てくるの?? ていうか董子さまはどこまで私の友人網を掌握しておられるのか…(思わず目を白黒させ、思い出したように深呼吸。友人がお茶の用意をしてくれる様を眺め、甘い香の中に加わった爽やかなハーブの香にほっと表情を和ませる) いい匂い…。うんうん、果物の香りが混じるとすごく南国な感じにもなるよね。ありがとう (05/04-22:48:19)
雲林院照 > おお、いいね、かわいい!連休中であんまり人いないから独り占めだ(くるりとターンしてくれた友人に小さな拍手を送りながら)うん、来て来て。ふふ、驚きの白さにびっくりしちゃうかもしれへんなぁあぁ、レイかぁなるほどー、あとハイビスカスとか髪に差してそうやね(確かにと頷きながら。パンケーキとうず高く盛られた生クリーム、そしてカラフルなフルーツの乗ったお皿に、ぱぁと顔を輝かせて)えーっ、すごっ。待って、もうお店やん…!写真撮っていい?(スマホを取り出して準備しながら)あ、加奈子がお皿持ってるところも撮りたいなぁ。本日オープンしました、って書いて董子さまに送りたい(謎の願望を垂れ流していたが、お茶をお願いされるとハッとして)そうやった、お茶やね…。マルベリー、カモミール、レモングラス、オレンジピールと他なんか入ってるんやって。オレンジ入ってるし飲みやすいんちゃうかなぁって思うけど(取り出したティーバッグをティーポットに入れて、ケトルからお湯を注ぎ入れ、蒸らすのを待ってからカップに注ぎ) (05/04-22:35:08)
六条加奈子 > だってお姫様のティーパーティの第二段のつもりでいたんだもの。でも、ありがとう(格好を褒められると途端にそわそわと言い訳がましく返し。最終的には照れ笑いしながらその場で一回転して見せる) ああ、なるほどね! じゃあ私が照のこと訪ねていくときは真っ白な服にしないとかしら。ハワイのお姫様は…とりあえずレイはかけてそうな気がする(つられて笑いながら、一先ず体裁の整ったプレートを彼女の前へと。もう一枚のプレートに今度は自分の分のパンケーキをセッティングしつつ) わぁ、すごい! 今日のためにあるようなお茶ね! お湯は沸かしておいたから、じゃあお茶の係を任せてもいい?(テーブルの上の電気ケトルを示しながらお願いして) (05/04-22:18:17)
雲林院照 > わー、かわいい!フリフリやん、加奈子。リボンもかわいいし(先に目に入ったのはパンケーキよりもそれを作る友人の格好だったよう)ふふん、ハワイアンな気分出してみよ思て。それにほらほら赤くて紅梅寮っぽくない?(謎の地震に満ち溢れた表情)ハワイのお姫様はきっとこんな感じだったよ、知らないけど。それにそういう加奈子もお姫様っていうか、新婚さんっぽい(にまにまと笑みを浮かべて)はーい、ありがとう(案内された椅子に腰かけると、持ってきていたトートからブレンドハーブティーのパックが入った箱を取り出して)じゃん!糖の吸収を抑えるハーブティーでいっぱい食べても大丈夫! (05/04-22:09:10)
六条加奈子 > (ネット検索で出て来る有名店のパンケーキを参考にしたクリームの盛り上げ方は、絞り器をフリルの形にしたお陰で見栄えだけはなかなか上出来。一先ずお皿の余白部分に剥いたオレンジやキウイ、苺といった果物を散らしている最中でやって来た友人の姿と声とに、思わず目を丸くし、続いて軽く吹き出した) ごきげんよう。ようこそ紅梅寮へ。なんだか今日はお姫様というよりすっかりハワイアンパンケーキな感じね(ダイニングテーブルには既にティーセットや後乗せ方式の果物類、メープルシロップなどが並んでいる。椅子の一つを手のひらにて、どうぞ、と指し示して) (05/04-21:58:10)
ご案内:「紅梅寮ティールーム」に雲林院照さんがいらっしゃいました。 (05/04-21:58:03)
雲林院照 > (紅梅寮に溶け込むという事前予告を引っ提げてやってきた、真っ赤なアロハシャツをジーンズにインしてちょっとおしゃれっぽくきめたつもりの白樺寮生。アロハの襟元から覗く白Tが白樺寮のちょっとした主張)ごきげんよーう、加奈子おるー?(友達の家に遊びに来たくらいのノリで、溶け込むという言葉通り堂々とやってくる) (05/04-21:51:56)
六条加奈子 > (帰省中の生徒も多いのか、連休の只中の寮内は常と比べて随分と静かなもの。お陰で貸し切り状態となっているティールームには、暫く前から甘い匂いが立ち込めている) 盛り盛りーっ、……ってこんな感じかな…?(大き目の白いプレートの上には厨房にて焼き上げ、此処のオーブントースターで温め直したほかほかのパンケーキが三枚、光の三原色図を思わせる形で並べられている。そこへと標高7センチはあろうかという生クリームの山を盛り上げ、矯めつ眇めつ角度を変えながらに眺めて) (05/04-21:44:41)
ご案内:「紅梅寮ティールーム」に雲林院照さんがいらっしゃいました。 (05/04-21:42:17)
ご案内:「紅梅寮ティールーム」に六条加奈子さんがいらっしゃいました。 (05/04-21:32:36)
::::  PbsChat v2.5.1  ::::